なみき探偵社は業界内、最高レベルの調査力 新宿での調査は当社にお任せ
浮気の境界線と離婚の条件
男女の関係は実に難しいもので、「どこからを浮気と捉えるか」という浮気の境界線は人によってまちまちです。
例えば以下のうちから選ぶとしたら、あなたはどこからだと思いますか?

・手をつなぐ。
・キスをする。
・肉体関係になる。

これもきっと、人によって意見は違うことでしょう。
しかしながら法律においては、どういう状態を浮気と言うのかはっきりと定義されています。
それは「配偶者のある者が、自由な意志に基づいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」です。
以上3例のうちであれば「肉体関係になる」だけが法的には浮気に該当し、他の2例は浮気、法律用語で言う不貞行為には当てはまらないのです。
したがって、配偶者の浮気を条件に離婚する場合は、「配偶者が浮気相手と肉体関係にあった」ということを証明しなくてはいけません。
これ以外の条件では、浮気を理由に離婚することは難しくなります。

しかしながら、配偶者が浮気をしている明確な証拠を入手するのは、並大抵のことではありません。
これを個人の調査でおこなうことは、不可能に近いと言ってもよいでしょう。
浮気調査を得意とするなみき探偵にご依頼下されば、裁判で通用する浮気の証拠を掴むことができます。
パートナーの浮気でお悩みの方は、是非ともお気軽に当社にお問い合わせ下さいませ。

Copyright © 浮気調査専門なみき探偵新宿 All rights served.