なみき探偵社は業界内、最高レベルの調査力 新宿での調査は当社にお任せ
浮気調査が失敗した場合の悲惨な結末とは

自分にとって事を有利に進める為の大きな武器となるのが、相手が浮気をしているという証拠です。


そんな証拠を集める為に行うのが浮気調査ですね。
浮気調査には、探偵へ依頼をして行う方法と依頼をせず自分で行う方法の2つの選択肢があります。

しかし、どちらの方法を選択したとしても浮気調査の成功率は100%ではありません。


もし、浮気調査を失敗してしまったらどの様な結末が待っているのでしょう。

場合によっては、悲惨な結末となってしまう事もあるのです。

浮気調査の失敗パターン

浮気調査をしたにものの、証拠が全く掴めなかったり、
一応証拠は押さえたものの裁判で有効な証拠ではなかったという場合は、
その調査は失敗したと言えるでしょう。

また、浮気調査をしている途中で、その事が相手にバレてしまったというパターン、
これも失敗だと言えますね。

例えば、二人でラブホテルへ入っていく写真を撮影する事が出来たが、
本人と判別出来るほど画像が鮮明ではなかったという様な場合、
残念ながら裁判では全く証拠になりません。

浮気調査をしている事がバレてしまった場合は、相手に警戒され浮気の証拠を隠滅されてしまったり、警戒されて浮気の証拠を集める事が出来なくなってしまう可能性が考えられます。

失敗後の悲惨な結末とは…

探偵が浮気調査をして失敗してしまった場合、
証拠が全くとれず慰謝料を請求する事が出来ないのに、
探偵へ高額な依頼料だけを支払わなければいけなく
なってしまうかもしれません。


つまり、浮気調査を失敗してしまう事で、金銭的に
大きなマイナスが生まれる可能性があるという事です。


離婚をしようと考えている場合は、
お金だけを失うという特に悲惨な結末だと言えます。

また、不十分な証拠で裁判に臨む事で、不貞行為をした相手側が勝訴する事もあります。
もちろんこの場合は、浮気の慰謝料を請求する事は出来ません。

それどころか離婚となっても、慰謝料が支払われない可能性が高くなります。

中には浮気調査が失敗して、相手にバレた事で逆ギレをされたり、
相手の立場が優位になってしまうことも。

相手側から離婚を要求されたり、結婚生活を継続する場合であっても、
相手を疑ったという事で逆に自分が責められるというのはよくあるパターンです。

結婚生活は崩壊し相手の主張が認められ慰謝料なしで離婚、親権も相手側へいき探偵への依頼料や裁判費用が嵩み借金だけが残るといった最悪の結末も予想されます。

浮気調査は慎重に

だからこそ、こうした最悪の結末を避ける為にも浮気調査は
慎重に行わなければいけないのです。

自分で行う場合はもちろんのこと、探偵へ依頼する場合も
どこの事務所を選ぶか慎重に吟味しなくてはいけません。

もちろんどんなに慎重を重ねても、100%の成功はありませんが、
それでも失敗するというリスクを可能な限り下げる事は出来ますね。

浮気をされた側が、これ以上不幸な結末に陥るといった事はあってはいけません。

しかし、浮気調査をする場合、失敗をするとこうした最悪の結末が起こりうる事も念頭においておく必要があります。

関連リンク
Copyright © 浮気調査専門なみき探偵新宿 All rights served.